今日は、ラップブレスのお話。

この形のブレスレットは、基本が革紐の横線二本とその間に挟まる天然石やチェコガラスのビーズという構成なので、形的にはもうデザインは決まっています。
革紐の色とビーズの色だけでデザインを色々と変えていきます。

先日、こんなラップブレスを作りました。

ちょっとアメリカンネイティヴを意識したターコイズ&アンバーに、渋めの紫色をしたレピドライトを合わせて作りました。
全体に落ち着いた、大人っぽいブレスです。

◇◆◇

それを見たお客様から、オーダーをいただきました。
「紫色の石を、ロードナイトに変えて」

それ以外何のデザインもいじっていないのですが、渋みの紫が明るめのピンクになるだけで、これだけ印象が変わります。
お客様の柔らかくて明るい雰囲気にとてもお似合いになるブレスができました。

◇◆◇

こんなご注文もいただけます。
今までいただいたご注文のお言葉としては、

「チェコビーズを全体に青っぽい色にして」
「天然石のこの部分をカーネリアンに変えて」
「恋愛に効くパワーストーンで作って」

…などなど。
扱っている石の種類の範囲で対応させていただきます。
(「ダイヤとサファイヤで作って」「ロンドンブルートパーズで」など、扱っていない石に関しては、申し訳ないのですがお断りしています。何しろその石で小さいビーズを探すと、卸にもないか、あってもとてつもなく高額になったりするので…^^;)

ご用命は、ホームページ上部の「ラップブレスのオーダーについて」から、よろしくお願いします。