メリークリスマス!横浜・白楽の占い師、八重森るなです。

どんな1日をお過ごしになられましたか?

カップルの人も、家族がいらっしゃる方も、そしてシングルで過ごされた方もいらっしゃると思います。

私は、クリスマスイブは夫と中華屋さんで五目中華丼を食べていました(笑)。

 

でも。

今日はちゃんとクリスマスしました。

さっき友人に、カトリック教会のミサに連れて行ってもらったんです。

私自身は信者さんではないのですが、祈りの場はやはり気持ちが落ち着くし、リフレッシュできたような気持ちになりますね。

 

 

私の親戚にはキリスト教徒がいるので、ミサには行ったことがあるのですが、信者じゃない人は「聖体拝受」にはあずかれません。

聖体拝受とは、キリストの肉と血を表す食べ物を神父様から信者さんに分け与える儀式で、具体的には発酵していないパンをもらって食べるらしいのですが、なにぶん私は近くで見たこともありません。

どんな食べ物をもらってるんだろう…遠くから見ると、赤ちゃん用の煎餅みたいな姿をしています。

 

で、それをもらうために神父様のところに皆さんが並ぶのですが、私がよく行く教会では非信者は「並ばずに終わるのを待つ」と教えられています。

 

場所場所でもルールがあるのでしょうか、それとも今日行った教会は地域で一番大きな教会だったせいでしょうか、信者じゃない人も並んでくださいとアナウンスされました。

もちろん聖体拝受にはあずかれませんが「祝福してください」と言って頭を下げると、祝福のお言葉と手振り(頭を少し触るんですが、見えていませんでした)をしてくださるんです。

 

中に入らないとわからないしきたりって、知るととても面白いです。

 

メダイと、それを使ったピアスをお土産に買ってきました。

 

 

季節の行事には、由来があり、それを知るためにいろいろ出向いてみて、感じてみるのは楽しいことかと思います。

クリスマスはキリスト教会に行けば「キリストの生誕を祝う行事」ですし、それ以外にも冬至に絡んだお祭りとして現在のクリスマスの前身と言われている古代ゲルマン人のお祭り「ユール」に源流があるとも言われています。

 

 

ユールは、古代ゲルマン人達の冬至祭です。

太陽の力が一番弱まる日とされていて、人々は太陽の再生を祈って生贄を捧げ、太陽を示す焚火をして、宴会をしました。

ユールっぽさは、クリスマスのテーブルにたくさんの御馳走が並ぶあたり、でしょうか。

あと、焚火は、日本で言えばイルミネーションがそれにあたるかもしれませんね。

サンタクロースの原型にあたる「ユール・トムテ」とか「ユールニッセ」とか言われる(国や地域ごとでちょっとずつ違うみたいです)おじいさんがいて、それはノーム(妖精。小人のイメージですね)だそうです。

人間フレンドリーなノームで、お手伝いをしてくれた良い子にはプレゼントをあげるのだとか。

 

さて、日本にいる我々の、次の行事としてはすぐ大晦日、そしてお正月ですね。

お正月も、いろんな国、地方、民族などでいろいろな捉え方をして、行事をします。

 

ぜひ、そういうものを自分ごととして楽しんでみてください。

そこにある文化を、どう捉えて、どう次の世代に受け継いでいくか…人間の文化の本流に、自分がいる気持ちになれて、楽しいと思います☆

 

○近日予定の定期鑑定○

 

☆「cafe doudou」☆
12月31日(火)※おやすみにします
1月7日(火)18:00〜20:00 ←お誕生日なので、占い関係なくお祝いに来てくれる人も大歓迎☆
東急東横線白楽駅すぐそば

詳しくはこちら

☆「愛すカフェ@東白楽サロンドクオン」☆
1月18日(木)14:00〜1900
詳しくはこちら

○開運レッスン○
1月18日(木)「ルーン占いワークショップ」またやるよ!
詳しくはこちら

○ルーン占い講座(2020年)○
6回連続講座、2月16日初回
詳細は後日お知らせします!

 

↓ご予約、お問い合わせはこちら。