こんにちは!横浜・白楽のルーン占い師、八重森るなです。

今日から週一回予定で、エルダーフサルク(一番古い古代ゲルマンのアルファベットである)ルーン文字の意味を解説していこうと思います。

私の独断と偏見も混じってしまっているので、純粋な意味が知りたい方は教科書になる本をお読みになることをオススメします。(でも、それほど外れたことは言わない…つもり)

 



こちらは皆様と直接つながるためのお友達LINEです☆お気軽に追加してください!

 

 

ルーン文字「フェオ」の意味

 

ルーン文字

 

読み方…フェオ、フェイフュー

対応文字…F

意味…家畜の牛

 

北欧神話におけるフェオ

 

北欧神話において、家畜っぽい牛といえば、原初の巨人ユミルを育てたアウズフムラという牛です。

ユミルは最初の巨人なので、お母さんがいません。ポッと出てきたこの巨人に、食べ物を与える人はいません。

そこで、アウズフムラが登場します。

 

この牛は、地面の岩を舐めると摂取できる塩を自らの栄養にしながら、ユミルに乳を与えていたそうです。

 

北欧神話

 

ちなみに、この絵を見てもらうとわかると思うのですが、アウズフムラが舐めている岩のあたりからもう一人、謎の人物が生えてきています。

これは、ブーリという、全ての神様の祖先になる神様です。

アウズフムラが岩を舐めていくと、溶けた岩の中から徐々に出てくるんですね。

 

これが、北欧神話における巨人と神の始まりです。

この異なる族は最後の最後までめっちゃ対立しますが、最初の巨人ユミルも神様3人に殺され、バラバラにされて世界を作る材料にされてしまいます。

 

家畜ってどんな存在?

 

農家の方ならばわかると思うのですが、家畜っていうのは財産です。ほぼほぼお金と同じ意味合いを持ちます。

食べられる、売れる。必要なものと交換することもできる。たくさん持っているとその人は豊か。そして、子供を産めば殖える。

 

コツコツと増やして、貯める財産です。

 

なので、鳥インフルエンザや豚コレラが流行った時にたくさんの家畜を殺さなくてはならない農家の方々のご心労を思うと、胸がキュッとします。

大事に育ててきた財産を、有無を言わさず全部潰されちゃうんです。もちろん役所から損失補填はあるでしょうし、保険に入ったりもしていると思いますが、喪失感はハンパないなとも思います。

 

殖えるものって他になにがある?

 

以上のことから、フェオがお金や富が殖えることを指すことはわかっていただけたかな、って思います。

でも、財産ってお金やモノばかりではないですよね。

 

例えば、知識。

これは財産に直結しますよね。知っていることが多ければ、それを使って財を生むことができる。心の中も豊かになる。

なので、例えば新しい勉強をしようとしているときなんかにフェオが出てきたら、いい感じに勉強が進むと思います。

また、資格試験をうまくやれる?なんていう質問の時には「うん、大丈夫!運はあなたの味方。だから、どんと構えて試験を受けておいで」みたいなことを言えたりします。

 

例えば、人脈。

人脈も、財産です。人間は人間関係の中でしか生きていけない動物です。全く一人ぼっちになってしまったら、食べ物を得ることも、安全を確保することもできなくなるでしょう。

そのような中で、人との繋がりは本当に大事なものになると思います。

例えば「今度サークルに入るのだけど、どんな様子?」という質問に対してフェオが出たら、「今後につながるいい人脈が築けそう」という回答ができるでしょう。

 

自分の中で解釈の幅を広げる

 

以上のようなことから、ご自身の中で「なにがフェオに当たるだろう?」ということを考えて、頭の中に浮かんだ乳牛ちゃんを生かしてみてください。

ここでお話ししたことが全てではありません。

占いには不正解はあるけど、正解はないと言われています。

全く関連のないことを結果として提示するのは「不正解」ですが、今お話ししたようなことから連想をしてあなたの解釈を作り上げてください。

 

正位置と逆位置

 

正位置と逆位置は、採用する人と採用しない人がいると思います。

 

私は、正位置に関しては上記のような解釈から連想の幅を作っていくやり方で読んでいます。

逆位置は、正位置の意味が「機能不全を起こしている(そのルーンが意味することが、なんか不具合があってうまく働いていない)」と捉えます。

 

正位置の意味例一覧

財産が増える、モノが増える、投資の成功、勉強の成就、人脈が豊かになる

ペット、部下(フェオが示すものが家畜であるところから、面倒を見なくてはならない存在)

ずっと温めてきた恋愛の成就

順調にいく、充実感が育つ

名前にFがつく人(深沢さんとか、冬子さんとか)を示すことも。

 

逆位置の意味例一覧

財産が目減りする、損をする、投資の失敗、勉強が滞る、人間関係が富に結びつかない

部下から学ぶことがある(面倒を見なくてもいい存在が上に見える)

ずっと温めてきた恋愛相手がちょっと遠い存在に見える

順調にいかない、続けてきたことをやめてしまう

 

八重森るなのルーン占い講座は→こちら

もうちょっとライトなルーン占いワークショップは→こちら

八重森るなの鑑定は→メニューの「お問い合わせ」でお時間のご相談等をさせていただいたのち、こちらでお手続きをお願いします。

 



こちらは皆様と直接つながるためのお友達LINEです☆お気軽に追加してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。