芸術の秋。

投稿者: yocolorin 投稿日:

こんにちは!横浜の占い師、八重森るなです。

 

今日は、るーなんがここのところで「芸術の秋」を満喫しているお話をしようと思います。

 

横浜人形の家(2021.9.20)

 

近くにあるのですが、行ったことがなかったんです。

この頃リカちゃん人形に興味を持ってしまった私、「球体関節人形」という言葉にもちょっとピンと来てしまいまして。

 

 

行ってきました、横浜人形の家。

 

美人さんがたくさん

 

人形

 

マニアックな博物館です…でも横浜の一等地に大きな館を構えてずっと運営しているので、人形が好きな層は一定数、或いはもっといるのでしょう…!

 

人形

 

綺麗な子がたくさん…(語彙力なんとかしろよ汗)

 

人形

 

お人形の表情の理由

 

本当に、この夏くらいからリカちゃん人形にハマった程度なのですが、自分のじゃないお人形さんをしっかりみたことって初めてだと思います。

テーマにもよるんだと思いますが、アンニュイだったり無表情だったりするお人形がほとんど。

 

ミッフィーちゃんやキティちゃんに表情がないのと同じで、表情がないお人形っていうのは、可愛がる人間の方の感情でお人形の表情が変わって見える、そのための無表情なんだなってことはすごく思います。

リカちゃんもそうですしね。

 

人形

 

リカちゃんは、軽く微笑んでいます。

 

鳥飼規世さん個展(2021.9.22)

 

そして、今度は油絵です。

鳥飼規世さんの個展「ニャロットカードの世界」に行ってきました!

 

絵

 

この個展、なんと、猫さん柄のタロットカードの絵、というコンセプトなんです。

これは行かなくては、というわけで片道1時間半かけて上京しましたよ。

 

にゃーん

 

鳥飼さんはもともと猫の奴隷(注・飼い主)でいらっしゃるので、彼女の描く猫はみんな愛されている感があって可愛い!

 

絵

 

手前は「吊られた男」なのですが、猫なので悲壮感がありません。すぐにひゅっと上下元の状態に戻れそう。

そして、みんなが注目していた、「力」。

 

絵

 

なんと、子猫がライオンをしっかり制していて、立派な立髪が三つ編みにされているんです。

ライオンも嫌じゃない顔をしていて、実にいい感じ。

 

この、タロットの意味をちゃんと踏まえていらっしゃるところがなお、占い師心をくすぐります。

 

そして…

 

私が惚れちゃったのは、この絵。

 

絵

 

「星」です。

タロットでは希望を表すカードです。

一点集中した猫さんの目が印象的なこの絵は、今後の自分の姿になれば嬉しいなって…

 

はっ

何を考えているんだ私…

この絵は、○万○千円だぞ。

 

とりあえず一旦その場を離れて、お茶することにしました。

 

デザート

 

このマンゴーもめっちゃ美味しくて、これを死水にしてくれていいとすら思いましたよ…昇天モード。

 

そして、この日仕事だった夫と合流、一生懸命絵についてのプレゼンをして…。

 

とうとう、我が家に連れて帰ることに決定してしまいましたよ。

ええ、買っちゃったんです。

メッセージで「あれが欲しいです」って送っちゃったんです!

 

(なぜ小声になっているんだ自分…)

 

絵

 

画廊で絵が売れると、すぐに持ち帰るのでなければ(大体はすぐには持ち帰りません)、タイトルが書かれている札にシールとか押しピンとかが押されていて「売れましたよ」という印にします。

 

 

うきゃー!!!

うちの子にしてしまったー!!!

 

というわけで

 

ここんところ、芸術の秋を満喫しております。

占い師たるもの、自分の感性や直感を磨くためにも、色々なものを見ておかないとです。

(そして欲しくなる…物欲の秋やん…)

 

余程の大きな展覧会以外は、そう密になることもない美術館・博物館・展示会巡り。

何かに出会うために、あなたもぜひお好みの会に出かけてみてください☆

 

 

お問い合わせ

八重森るなのルーン占い講座は→こちら

もうちょっとライトなルーン占いワークショップは→こちら

八重森るなの鑑定は→メニューの「お問い合わせ」でお時間のご相談等をさせていただいたのち、こちらでお手続きをお願いします。

お問い合わせ



こちらは皆様と直接つながるためのお友達LINEです☆お気軽に追加してください!


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。