こんにちは、占い師のながあめ るなです。

唐突ですが、私は文鳥を飼っています。

文鳥は、ツヤツヤふわふわの羽根や、リラックスした時のもっちりしたシルエットなど、可愛いの塊なのですが(デレデレ)、何よりも文鳥の可愛さといったら、

人間を恋人扱いしてくれる

というところです。
何事かと思いますよね?

文鳥は、インドネシア原産の、ペアで生活をする鳥です。
「手乗り文鳥」にするには、幼鳥のころから人間が餌付けしたりして慣れさせることが必要ですが、慣れるととても人間を好きになってくれます。

文鳥を一羽飼いすると、人間のことをペアの片割れと認識してくれて、ベタベタと懐いてくれます。
下手をすると、他のもの(スマホとか)に気を取られていると、嫉妬して噛みついてきます。

例えるならば、恋愛を初めて知った中学生女子のようです。
常にこっちを見ていてほしい、常に私をかまってほしい。
特に打算はありません。ちょっとうざいんですけど、本当に可愛いです。

人間では、なかなかこういう風に愛してはくれません。
どこかに打算とか、上下関係とか、空気の読み合いとか、あると思います。
でも、文鳥はまっすぐただ愛してくれます。

◇◆◇

他に飼ったことのある動物は、猫とフェレットなのですが、
猫…同居人。一緒の空間を共有してくれるのが幸せ。それほどベタベタしてはくれない。
フェレット…博愛主義。人間は好きなんだけど、誰かを特別好きになるということはない。

こんな感じで、文鳥とは愛情表現の仕方が違います。

どんな動物でも買えばその子が一番になると思います。
でも、もしも、

○自己肯定感が低い。
○無条件の自信みたいなものが全くない。
○非モテを拗らせている。

などの人がいらしたら、恋人としてうざいくらいに愛してくれる文鳥を是非オススメします。
(もちろん、ちゃんとお世話をして、触れ合いも忘れない人限定です)

○ラブラブ光線を送られるので、自分はこれでいいんだという無条件の自信ができる。
○愛情をかければかけるだけ返してくれるので、人間関係、特に恋愛関係は見た目やスペックだけが問題なんじゃないということに気づく。
○愛してくれる存在に、無条件で優しくなれる。

こんな見返りがあります☆

◇◆◇

優しい相手の前にすると、自分も優しくなれることがあります。
そんな相手を見つけられると、嬉しいですよね。