あろーは、るな姐です。

実は、今さっきまで隣に「あたしと違う世界線」がありました…ええ、けっして交わることのない世界線が…。

現在カフェでこれを書いているのですが、さっきまで隣にいたのは30代女子二人。
起業系女子で、片方はお片づけの専門家の様子。

その彼女からこんな一言が。

「片付けられない人って『片付けをしなくちゃいけない理由って何』みたいなことを言うけど、理由なんか考えたことないし、普通に片付けて綺麗にするだけだし」

※写真はイメージです。

その彼女のお家は、めっちゃミニマムでモノが全然おいていない様子でした。
いや、こんなことに聞き耳を立てている自分もどうなのって感じですが。

…あたし…

「埃で人は死なねえよ」って人なんです…。
って言うか、最果てのダメ人間レベルにお掃除が苦手な人なんです…。

すっごく「片付けられない」ことで悩んでいて、なんで片付けなくちゃならないかも散々考えてある程度答えまで出ての「片付けられない」なんですよ…。

なんで「片付けなくちゃいけない」のか?

ええ、分かってる。それは、自分を傷つける行為だから。
セルフ・ネグレクトって言うんですけどね、自分のことを面倒見ない、育児(自分)放棄っていうかね…。

アメリカの全米高齢者虐待問題研究所が定めた定義によると、

「高齢者が通常一人の人として、生活において当然行うべき行為を行わない、あるいは行う能力がないことから、自己の心身の安全や健康が脅かされる状態に陥ること」

だそうで、これは高齢者に話を絞っているけれども、老若男女ありうる話だよね。

○ 体の清潔を保持しない
○ 家のお掃除をしない
○ 病気になっても病院に行かない
○ お金の管理をしない
○ 社会との関わりを絶ってしまう

で、忙しかったりストレス溜まっていたり、メンタルやられていたり認知症になっていたり、もしくは知的に障害があったり、人に助けを求めるのが苦手な人だったり、深い喪失体験で人生投げちゃってたり、そういう人がなりやすかったりするらしい。

つまりさー、お部屋が汚い人は心も乱れている、ってことなのよ。
お部屋は自分の鏡なのよ。
だから、逆説的に言うと、片付いていた方がメンタルに優しいのよ。健康な生活をしているってことなのよ。

だから、お部屋は綺麗な方がいい。

…お掃除の専門家だったら、そんくらいのことは考えててほしいなあ、などと老婆心…。

…まあ、とはいえ。

自分の状態があんまり良くないなあ、とお部屋を眺めて思っていたあたしに、隣席の女子は「マジありえない、信じられない」と言ったわけよ。別にあたしに言ったんじゃないけどね。

ちょっとショックを受けているあたし…。

メンタル云々もあるけれど、単純にお片づけが基本的に苦手な人ってたくさんいると思うのよね。
そういう人ってどうやって世界を平穏に保っているんだろう。

ちょっとネットサーフィンして、「汚部屋」で一番穏やかな気持ちになれたのがこの記事だった。
すごいよ、6時間でここまで綺麗になるんだもんな。

我が家、ここまで汚くない。断じてここまで汚くない。はず。うん。
でも、当方には、この筆者様のように6時間も片付けと向かい合う体力と気力が無い。

…いよいよこんまりさんの本を読むべき時が来た、のだろうか…。

 

* おしらせ *
○イベントに出展します!
初夏の癒し・ナチュラルフェスタ 2019/5/26(日)10:00〜17:00
詳しくはこちら
○定期鑑定の日程が変更になりました。
毎週火曜日18:00〜20:00になります。
詳しくはこちら