こんにちは!横浜・白楽の占い師、八重森るなです。

今日は、興味深かった西洋占星術のお話+私の好きな言葉について書こうと思います。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

西洋占星術では、その人の性質の区分の仕方がいくつかあります。

そのうちのポピュラーなものは「4元素」または「エレメンツ」と呼ばれるものです。

西洋占星術が学問として研究されていた古代から中世の頃、世界は「4つの元素から成り立つ」と言われていました。

「火(熱くて乾いている、直観)」「土(冷たくて乾いている、感覚)」「風(熱くて湿っている、思考)」「水(冷たくて湿っている、感情)」という4つの性質。

世の中のすべてのものは、この4つの性質の多寡でそれぞれ成り立っている、というわけですね。

(詳しい話を書いていると長くなっちゃうので、ご興味がある方はwikipediaあたりを読んでみてください)

 

4元素

 

人間の性質も、もれなくこの4つの元素からできていると考えます。

その人が生まれた日のホロスコープを開くと、このように10個の天体が散らばっていますが、

 

ホロスコープ

ええ、時の人、ドナルド・トランプさんです。っていうか本質的にはもう過去の人なのかもしれませんが。

 

この散らばりが、どの星座に入っているか、どの星座に多いか少ないか無いかなどによって、その人の性質的にどの元素に多いか、少ないかを見ることができます。

 

ちなみにトランプさんは、土の元素がありません。案外数字を分析したりとかあまりしない人なのかもしれませんね。実業家で凄い人ですが、「細かいところはいいんだよ」的な経営者だったのかも?

 

みたいな見方をします。

 

が。

 

鏡リュウジさんのお話で、こんなのを聞きました。

「足りない元素は、確かにその人にとっては使いづらい性質となるのですが、その足りなさを感じている人間は渇望してでもいるかのようにその性質を追い求めることがある」

っていうんですね。

 

そう、例えば目が小さいことに悩んでいる女の子が、お化粧を覚えて過剰に付けまつ毛をつけたりアイメイクを工夫したり自撮り写真を加工したりする。目はバッチバチに大きく見えるんだけど、それでも飽き足らず、今度は整形手術を考えている。…そんな感じだと思います。

 

 

トランプさんも、性質として持っていないからこそ、お金や土地建物なんかに執着できたのかもしれません。

大統領になってからは随分と大雑把な(というか、実現可能性が低そうな…下手すると「何言ってんのこいつ?」的な…)政策をぶち上げてきていた人なので、本当に地に足がついたことって苦手なのかもしれません。

でも、それだけだとあんな実業家にはなっていないし、4年間も大統領を続けては来られなかったんでしょうね。

 

私も、水の元素が何もない人です。

「あー、確かに私には同情したり、人の心の機微を的確に捉える能力がないなー」って思っていました。

でも、そんなこと言いながら占い師なんかやってますし、今までやってきた仕事の中で一番楽しかったのは高齢者関係のケースワーク(いろいろな困難を抱えているお年寄りを支援するお仕事)でした。

「困ってるよー!」「悲しいよー!」と言われて、「そうだよねそうだよね、悲しいよね」って一緒に泣いてあげることは、実はやっぱり苦手です。

同情する代わりに対策を考え始めちゃったりするので、同情が欲しい人にとっては「冷たい人だなあ」って感じるかもしれません。

心の中ではとっても相手の辛さが伝わってきて、優しくしてあげたくなるけど、どう伝えたらいいかわからない。感覚としてわからないからバランスがとりにくくて、時に過剰に面倒見ちゃったりすることもあります(いい加減大人なんだからなんとかしろよ…)。

 

 

足りないところを補おうと思うと、足りなさが気になっちゃって、どんどん補ってもまだまだ欠けているような気がして補い続ける…

切り傷がケロイドになるように、必要以上に盛り上がっちゃって、どうしても傷跡は残っちゃうんだろうな、と思います。

でも、それも「その人」なんですよね。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

無いものがある、欠点があるということは、その人の特徴にもなると思います。

 

人間はナマモノなので、つるんと均一的に出来上がっている人なんて一人もいないはずです。どんなにバランスの取れている人でも、苦手なものもあれば得意なものもあるはず。

その凸凹が多いと、人は「自分には欠けているものがあるんじゃないか」って不全感を覚えると思うんですね。美人の条件が左右均等の目鼻立ちだったりするように。

でも、みんなが同じバランスに整形手術をしてしまうと、綺麗ではあるけど「同じ顔」に見えるってことはないでしょうか。

 

美容整形で高名な高須克弥氏が、恋人の西原理恵子氏に言った言葉が私は大好きなのですが、こんなものです。

いいですかりえこさん、人は欠損に恋をするんです。黄金率でないもの、弱いもの、足りてないもの、人はそれを見た時、本能で補ってあげようとする。その弱さや未熟さを自分だけが理解していると思う。欠損の理解者になるのです。

西原氏が「私も整形したいなー」と言った時の高須氏の言葉らしいです。

高須氏は絶対に西原氏にメスは入れなかったそう。

 

欠けたもの、無いものがあると、人はそこに惹かれてそこを愛する。

凸凹は、欠点ではなくフックとなって人に「居場所」を作る。そのフックに引っかかってフックの持ち主を愛することになる。

他人の「欠けたもの」を見続けてきた人だからこそたどり着いた結論なんだと思います。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

人は、足りないもの、欠けているもの、欠点があると、埋めたくなる生き物のようです。

自分で埋めようとする人、他人の欠けを埋めたいと思う人。

そして欠けていたり、過剰に補っちゃったりした凸凹を、人は愛してなんとかしてあげたくなる。

 

欠けたものがある人の方が、実は豊かなのかもしれませんね。

 

花

 

○近日予定の定期鑑定○

☆「cafe doudou」☆
12/1(火)18:00〜20:00
12/8(火)18:00〜20:00
12/15(火)18:00〜20:00
12/22(火)18:00〜20:00

ご用があればぜひメールとかメッセージとかくださいな☆
また、この日以外でもお知らせいただければお出かけしていきますので声をかけてください。
東急東横線白楽駅すぐそば
詳しくはこちら

 

☆チャット占い@占い師の部屋☆

だいたい21:00〜24:00くらいでチャットルームを開けています!

こちらのリンクへ

 

○ルーン占い講座
今後の予定はまだ立てていませんが、ご要望があればすごく前向きに検討いたします。
占いとハンドクラフトなんかが好きな方には楽しいと思います。もちろん不器用さんや占い初めてさんでもちゃんと仕上がっていきますので、よろしければ声をかけてください☆
詳しくはこちらから。

 

○ オンライン鑑定&アクセサリー販売

zoom(テレビ会議システム)やfacebookメッセンジャー・LINEでのテレビ電話、LINEでのチャットなどでも占います。
話を聞いてほしい!というのもOKです!
占いをする友達として、是非使ってやってください。
お問い合わせ先はこちらか、下記LINEまで☆

 

そして、ここにマクラメアクセサリーを展示販売始めました!

ぜひご覧いただけると嬉しいです☆

 

○ WORDS


こちらメール鑑定です。お得になっています☆

 

 

↓ご予約、お問い合わせはこちら。


こちらは皆様と直接つながるためのお友達LINEです☆お気軽に追加してください!