あろはー、横浜 白楽の占い師、ながあめ るなでーす。

今日から、ブログのネタをちょっとひねってみようと思いまーす。

 

 

タロットを一枚引いて、そこからネタを見つけて与太話をしようと思います。

 

意訳が激しすぎて、タロットの勉強をしたい人には向いていない可能性が高いので気をつけてください(^^;;

 

さて、今日のカードは。

 

「節制」のカードです。

 

めちゃくちゃ真面目そうな大天使ミカエルが、ありえない角度で液体をカップからカップに移し替えています。

重力に多少逆らってもいいのです。天使だし。

 

一説によると、ミカエルは錬金術をやってるところで、作ろうとしているのは不老不死の薬「エリクサー」なのだとか。

RPGでたまにでてくる、ヒットポイントやマジックポイントを回復してくれるアレの元ネタですね。

 

本物の錬金術ではどんな物質を使ってどんなクスリを作ろうとしていたか謎ですが、現在もエリクサーと呼ばれる薬物系のモノはあるようで。

 

エリキシル剤…通例、甘味及び芳香のあるエタノールを含む澄明な液状の内用剤である  (wikipediaより)

 

「錠剤」「シロップ剤」などの並びで存在する「エリキシル剤」、薬効成分を溶かし込んで飲みやすくしたもののようです。

 

初めて聞いた!!!

そんな薬に出会ったことないもんね!

日本ではあんまり使われない形の製剤であるみたい。

 

でもいくつかはあって、

https://www.qlife.jp/meds/rx39003.html

痙攣のお薬や、

 

https://www.qlife.jp/meds/rx44997.html

心臓のお薬、

https://www.qlife.jp/meds/rx34677

ホルモン剤などが見つかりました。

※当然処方薬です。

 

元気な人が飲むとフツーにヒットポイントが下がる感じのガチモンの薬は置いておいて、もうちょっと手が届きそうなエリクサーはというと、

 

 

薬草酒でエリクサーの名を冠するものがあるらしいです。

めっちゃ苦いらしいです。

 

それだとあんまりなので、日本で簡単に手に入る薬用のお酒のことを考えてみましょう。

 

…養○酒…

それでいいじゃん…。

不老不死とは行かないまでも、虚弱体質を改善してくれるかもしれません。

 

ちなみに、養命酒を炭酸水で割って飲むと、カクテル感出ます。わりと美味しいです。

冷えるじゃん、という方は、お湯割りで…。

 

お酒がダメな人は、ハーブティかなー。

不老不死に近いところで(あと、タロットの「節制」的に)自律神経のバランスを取ってくれるラベンダーとかカモミールなんか良いんじゃないかしら。

 

今年の梅雨はずーっと太陽に恵まれず、もうちょっとだけ続く模様なので、みなさま、どうぞ御身大切にしてくださいませ。

 

与太話にお付き合いいただいてありがとうございます☆

 

 

* おしらせ *
○次回の定期鑑定○
7月23日(火)18:00〜20:00
東急東横線白楽駅すぐそばの
「cafe doudou」で行います☆
詳しくはこちら