こんにちは!横浜・白楽の占い師、八重森るなです。

 

とうとう2月に入り、少しは寒く…と思っているところですが、意外と寒くなくて、やっぱり今年は暖冬なんだなあとしみじみ。

私は寒いのが苦手なのでこのままでいいんですが、冬のお野菜とかやっぱりちょっと心配です。

 

心配といえば、なぜか今新型コロナウイルスとか人から人に感染する鳥インフルエンザとか(これはまだ日本には来てないかな?)、例年通りのインフルエンザとか、いろいろ流行っててマスクが店から消え失せていますね。

私は一応発症していないのですが(親がアレルギー体質で妹が重度の花粉症なので発症しないとは言い難いのですが…)花粉症の人たちがめっちゃ大変そうで、実はそっちの方が由々しき問題だったりはしないだろうかと思っていたりもします。

 

実はそろそろ、洗って再利用する布のマスク復活か!?とか思っていたりするのですが、さて復活はなるのでしょうか?

 

では、占いをやっていきます☆

「全体運」を読んで、それを踏まえてご自身の生まれた月が記載されているコーナーを見てみてください。

  

全体運

 

 

「水毒」という言葉が浮かんできました。

中医学なんて全くわからないので、医学的な物言いをしているわけではないとご了承いただいた上で(よろしくお願いします)…

水毒(すいどく)、水邪(すいじゃ)とは、中国医学・漢方医学などの中国医学系伝統医学において、体液の偏在が起こった状態、つまり体内の水分の代謝障害(水の滞り、水滞、水気、宿水)が起こった状態を指す用語である。水滞によって病的な浸出液や異常分泌などを起こし、発汗、排尿などにも異変が起こるとされる。今日では一般的に水毒と言われるが、水邪とも言われていた。

中国医学系伝統医学では、気・血・水の不調が病気を起こすと考えるが、この水滞によって病気が起こったり、病気が治るのを妨げるという病因思想から生まれた言葉である。(Wikipediaより)

なにか、ネバネバした水が体の中に滞ってしまって、それで不都合を起こすみたいな感じで、ここでは解釈しておこうと思います。

 

あんまりよくない滞った水が体の中にあると、体は冷えてしまい、また滞った水は汚れてしまいます。

 

水は、流れるものの象徴で、人間で言ったら感情を示します。これは、古代ヨーロッパで支持された「四元素(地上のすべてのものは4つの元素、つまり火・土・空気・水でできている)」という考え方なのですが、タロット占いや西洋占星術などいろんな占いでもこの考えを採用しています。

 

で。

滞った水、つまり感情は、体の中で腐敗してドロドロ度を増していき、余計辛い感情が増していくかもしれません。

そうなる前にどうしたらいいか。

 

水(真ん中の「ラーグ」のルーン)を一度排水して(左の「ユル」のルーン)、さらに体を温める(右の「ケン」のルーン)と気持ちがさっぱりしますよ、と読んでみます。

たくさん抱え込んだ感情を一度誰かに話すとか、カラオケで泣けるバラードばんばん入れて歌いまくるとか、吐き出してしまいます。

カラオケなんか、運動にもなって体が温まるので一石二鳥です。それとか、お風呂に入るとか、温かい飲み物を飲むとか。運動する人は、シーズンなのでランニングしてみるとかね。

そうやって落ち着いてみると、今週は随分気持ちが楽に過ごせると思います。

 

思い当たらない、という方も、是非やってみてください。「私そんなストレス溜めてないよ」という人ほど、ストレスをため込んで感じないようにしていたりするので。

単純に体に良いので、ぜひやってみてくださいな。

  

1月〜3月生まれ

 

 

もうね、誰か、客観的に話を聞いてくれそうな人に話してみちゃいましょう。

心の中に溜め込んでいるアイディアでも良いし、誰かに対する愛情でも良いし、とにかく「自分がこだわっていること、すごく大事だと思うこと」について、話をしましょう。

 

想いは心の中に溜め込んでおいても、肥大はすれどなにも成長しません。

まずは誰か、客観的に聞いてくれて意見をくれそうな人に投げかけてみましょう。その意見には素直に耳を傾けてみて、軌道修正をするとかそのまま進めるとか、次の行動に出てみましょう。

 

そうすると右の「フェオ」が示すように、何か得るものがありそうですよ。

  

4月〜6月生まれ

 

 

この時期生まれさんは、感情の処理がとても難しいかも。

何か言おうとするとトラブルになりそうで、なんとなく心と体が一致しなくて、固まっちゃいそうな。

 

そういう時は、まず自分を解してあげるのが良いかな。

心の赴くまま、時間にも縛られず、行きたいところに行ってみて、一人で遊んで帰るみたいなことをしてみると良いと思います。

 

一人の時間を持つのって、意外と心に効きますよ。自分は一人ではなにもできないと思っていた人が、自分でも一人で遊べるじゃん!と気がついたりもしますし。誰かがいないと寂しいなと思っていた人が、一人でも十分楽しめることに気が付いたりもしますし。

 

一人でできるなら、今度は複数人でやる自信につながる。そうやって、心の澱をきれいにしていってください☆

  

7月〜9月生まれ

 

 

この時期生まれさんは、もうやらなくてはならないことが心の中にちゃんとありそう。

左の「エオー」は、心と体が一致していて出てくるルーンなので、きっともう誰かに支持されたりしなくてもやるべきことは分かってる。

 

あとは、それを共有できる人を見つけて、その人と話をしながら進めていくだけ。

例えば、告白したい相手がいたら、相手に依存するのではなく、ちゃんと相手の「個」を尊重しながら「あなたと一緒にやっていきたい」と伝える。

そういうことが大事なのかな、と、このルーンは言っています。

  

10月〜12月生まれ

 

 

一度、自分の知識や経験を疑ってみましょう。

真ん中の「アンスール」は、知識や経験、言葉を示すルーン。それに対して、左の「ユル」がお片付けを求めています。

 

自分が持っている意見やソレの裏付けになる知識は、果たしてイマドキにマッチしているのか、アップデートの必要はないのか、何か違和感を感じているとしたらソレは自分側に手直しが必要だったりしないか、ちょっと調べたりして考えてみて。

新しいことを知ることによって、今よりもっとうまくやれる自分に巡り合えるかも。それは、とても強いことです。

  

まとめ

 

すごく抽象的になっちゃったかもしれません。ごめんなさい。

でも、何にでも当てはまることだと思います。仕事でも、恋愛でも、家庭のことでも。

ご自身の困りごとに合わせて読み替えてみてください。

きっと、役に立つと思います。

 

それでは、あなたのこの1週間が、幸せでありますように☆

  

 
 

○近日予定の定期鑑定○

☆「cafe doudou」☆
2月4日(火)18:00〜20:00
2月18日(火)18:00〜20:00
(11日は祝日なのでお休みします)
東急東横線白楽駅すぐそば
詳しくはこちら

○開運ワークショップ○
・2月18日(火)「金運を良くする3つの方法+お守りアクセサリー作成ワークショップ」@cafe doudou
詳しくはこちら

○「ルーン占い講座〜古代北欧の知恵と信仰から〜」(2020年)○
6回連続講座、2月16日初回、1ヶ月に1回程度
占いイベントでルーン占いができる程度にはなります!
詳しくはこちら

 

↓ご予約、お問い合わせはこちら。