こんにちは!横浜・白楽の占い師、八重森るなです。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

※6月2日(火)から、横浜・白楽駅近くで行っている定期鑑定を再開いたします。

毎週火曜日、18:00〜20:00

場所:cafe doudou 白楽駅西口を降りて徒歩30秒ほど

ぜひ遊びにきてください☆

ご予約は、下記LINEまでお寄せください!

 

他の日程も、ご予定をすり合わせて上記カフェで行えます。

ご連絡くださいね!

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

6月に入り、自粛自粛の世相がちょっと和らいできたような感じがあります。

私の住む神奈川県ではもうお店は全て自粛解除、隣の東京都でもフェーズが2段回目に入ったらしいです。

 

なんて言うか、特に私の生活は何も変わっていないのに、相変わらず横浜引きこもりの毎日を送っているのに、ふっと何か重たい荷物が肩から下りたみたいな楽さ加減を感じます。

本当はまだまだコロナとの戦いは続いているんだと思いますが、ちょっとだけ一息ついているのかな。

 

ホント、緩みすぎるとまた後で痛い目を見るんだと思うので、気をつけないといけないのですが。

 

さて、

今週のルーン占いです。

今週も、ヴァイキング・タロットを組み合わせてみました。

 

 

例によって、全体運を読んでいただき、それを参考にしてそれぞれの生まれ月の欄をご覧ください。

 

全体運

 

 

自分が自分としてきちんと成り立つために、何かを捨ててスッキリする必要がありそうな今週。

それは、多分あなたにとってスッキリと気持ちの良いものになるとは思うんだけど、結構痛みを伴う切断になりそうな感じ。切って、捨てて、スッキリとする。

 

6月になって、今年上半期の最後の月でもあることだし、半期に一度の大決算かな。

余計な在庫、抱えていない?

心に渦巻くストレスとか、昔の彼の面影とか、余計な贅肉とか。

それは本当に今のあなたに必要ですか?

 

余計なものを抱えていると、新しい何かが入る余地が無いからね。

今週は、その辺自分とよく相談をして、捨てるもの、切るものをサッとやってスッとしましょう。

 

1〜3月生まれ

 

 

ルーン…ぺオース

タロット…棒の3、巨人フリュム

 

タロットに描かれているのは、フリュムという巨人。

神々と巨人との最終戦争「ラグナロク」で、アスガルドのアース神族達に立ち向かうため、巨人や死者の戦士達を乗せた大船「ナグルファル」の舵をとった巨人だという話。

 

そう、舵は切ったんだ。決めたんだ。そうすることにしたんだ。

 

一方、ルーンの方は「ぺオース」。ここから先、何があるかわからない。良いことがあるかもしれないし、悪い方へいくかもしれない。賽は投げられた。でもそれがどんな出目になるかわからない。

 

ともあれ「決めた」という事実は事実。

進んでいくんだと思う。荒波を、力強く舵をとって、進んでいって欲しい。

 

4〜6月生まれ

 

 

ルーン…アンスール

タロット…皇帝(逆位置)、ウル

 

ウルは、北欧の古い神様のようで、狩猟やスキーの神様なのだそう。

「ユーダリル(イチイの谷)」というところに住んでいる。この「ユー」はルーン文字「ユル」のことで、イチイの木を表す。

 

イチイというのは、弓を作る材。弓は、動物や、時として人間を殺す道具。相手の命まで支配する。そして、切って捨て、新たな輪廻の始まりとする。

カードは逆さまに出ているので、支配には失敗するかもしれないな。大した失敗では無いけれど、あれ?こうじゃないのにな?という雰囲気。

 

ルーンは「アンスール」。言葉とか、コミュニケーションとかを司る。

うーん、今週は「言葉に注意」かな。

誰かに何かの言葉を投げるとき、とっさに口にしてしまうのではなく、一度考えてそれを言って良いのかどうなのか答えを出してみて。

 

 

7〜9月生まれ

 

 

ルーン…ウル

タロット…力(逆位置)、ウトガルド・ロキの巨大猫

 

ウトガルド・ロキは、巨人で、ウートガルズという国の王様。

巨人というと「進撃の巨人」に出てくる巨人像みたいに「悪いやつ」みたいな感じではない。北欧神話を読んでいると、主人公がアース神族という神様達で、その神様達を主役に据えると確かに巨人は悪役みたいな立ち位置になるんだけど、巨人って別に悪いことしていない感じがする。どちらかというと、アース神族の神々が巨人に勝手にイチャモンつけて巨人の国を襲ってる感じ。

 

ウトガルズにも、なぜか巨人を殺さないと気が済まない雷神トールが、仲間のロキ(ウトガルド・ロキとは別人)を連れて襲いにくる。

でも、ウトガルド・ロキは頭のいい王様だったので、トール達に幻術の技比べを申し出る。

カードに描かれている猫は、「この猫を持ち上げてみてよ」とトールに挑んだ猫で、トールが必死に持ち上げようとしているけれども持ち上がらない。

だって、この猫、本当は世界を取り巻く大蛇ヨルムンガンドなんだもの。幻術で猫に見せかけているだけなんだもの。持ち上がるはずがない。

 

逆位置なので、あなたの立場は絵に出てくる神トールの方なのだろう。

思ったものと違うから、容易には持ち上がらない。

取り組む課題を過小評価しているとか、自分を過大評価しているとか、そういう何かに心当たりはないだろうか?

 

ルーンは「ウル」なので、力まかせにねじ伏せようとしているかもしれない。でも、徒労に終わると損なので、そこは自分と課題の両方をもう一度ちゃんと見つめて、取り組み方を考えてみるのがオススメ。

 

 

10〜12月生まれ

 

ルーン…イング

タロット…教皇(逆位置)、オーディン

 

私はオーディンのことを変態扱いしているのだけど、この神様はアスガルドで一番偉い神様。何しろ原始の巨人を殺して、その死骸を材料に、この世界を作った人(ここまででもだいぶひどい)。

 

ものすごく知識欲がある神様で、世界のことは全部知っていないと気が済まない。

今日あったことは相棒のカラス達を世界に巡らせ、話を全部聞く。

ルーン文字の秘密を知るために、ユグドラシル(世界樹)に逆さ吊りになって、自分で自分を槍で突いて9日間「オーディンという最高神に自分(つまりオーディン自身)を捧げ、その秘密を得るために」耐えたという話。うん、変態。

 

さらに、ミーミルというすごい知恵者の巨人がいるんだけど、その巨人が管理する「飲むと世界のことがわかる」泉の水を欲し、巨人に大事なものを差し出せと言われて自分の目玉を片方差し出す。めっちゃ変態。

 

…ただ、オーディンが逆さまに出てきているので、詰めが甘いというか、ちゃんと目的を果たせなかったりするかもしれないな。

ルーンの方が「イング」なので、何かを終わらせてハッピーエンド…とはいかないぞ、という感じ。

 

小学生の頃、テストを書き終えたら「見直し」をしなさいと、散々言われたと思う。

それ。「見直し」が今週の鍵になりそうな感じがする。詰めをキッチリとつけよう。

 

 

まとめ

 

今週も北欧神話の解説みたいになったけど、タロット本来の読み方に加えて絵に描かれた神話の登場人物を丁寧に読んでいったつもり。

それにルーン占いも合わさって、なかなか厚みのある占い方になったんじゃないかなーとか思ってみたりして。

 

是非ご感想ください!

皆様の声でるな姐は元気付けられたり、方針を固めたりします。

LINEでもいいですし、facebookメッセンジャー、上の枠にある連絡先…なんでも大丈夫です。

どうぞよろしくお願いします☆

 

それでは、あなたの一週間が、実りのあるものになりますように!

 

 

○近日予定の定期鑑定○

☆「cafe doudou」☆
6月から再開させます!!!!!
6/2(火)18:00〜20:00
6/9(火)18:00〜20:00
6/16(火)18:00〜20:00
6/23(火)18:00〜20:00
6/30(火)18:00〜20:00
ご用があればぜひメールとかメッセージとかくださいな☆
東急東横線白楽駅すぐそば
詳しくはこちら

 

☆チャット占い@占い師の部屋☆

だいたい21:00〜24:00くらいでチャットルームを開けています!

こちらのリンクへ

 

○ルーン占い講座(第3回)
第2回(3/1)から滞っていたルーン占い講座を再開させることにしました!
第3回 6/28(日)13:00〜16:00
第4回 7/12(日)13:00〜16:00
第5回 8/2(日)13:00〜16:00
第6回 9/6(日)13:00〜16:00
場所…荻窪ハウルのおうち

 

○その他、zoom(テレビ会議システム)やfacebookメッセンジャー・LINEでのテレビ電話、LINEでのチャットなどでも占います。
話を聞いてほしい!というのもOKです!
占いをする友達として、是非使ってやってください。
お問い合わせ先は下記LINEまで☆

 

○ WORDS https://words.gifts/u/yocolorin

こちらメール鑑定です。お得になっています☆

 

 

↓ご予約、お問い合わせはこちら。