こんにちは、ルナ姐です。ご機嫌いかが?

あたしは6月末くらいから、夫と文鳥以外に新たにアシダカグモと同居してる。
いえ、アシダカさんが勝手に住み着いちゃったんですけどね、あの人はゴキブリの子供を食べてくれるということで、あたし的には大歓迎している。

でも、結構でかくて迫力あるんで、嫌いな人はきっとすっごく嫌いだろうなと思う。
あたしだって、奴がいくらもふもふしているからって撫でに行こうとは思わない。踏まれないでくれて、子ゴキを退治してくれれば、あとは不干渉でいい。

 

◇◆◇

 

ところで、ネットサーフィンしていたら、「ルーン文字恐怖症」ということを書いているブログさんに出くわした。

「呪いっぽくて怖い」との文章だった。

うーむ、なんとなくわからんでもない。

なぜかというと「そこに何が書いてあるか、想像もつかない→呪いが書いてあってもおかしくない。なんか呪術文字っぽいし」

って感じかな。

例えばこれとかどう思う?

wikipediaからもらってきた画像で、左側が「神代文字」なのだそうだが、あたしには読めない。

お守りの横に置いてあるから、なんらかの神道と関わる言葉なんだろうなとは想像するけれども、ここに呪いの言葉が書いていない保証は、あたしには出来ない(読めないから)。

 

文字って、人間が作り出したものじゃない?

人間が「意図を持って」書いたはずの文字を、何が書かれているかわからないで見せられる。

それは確かに恐怖だと思う。

 

ちょっと毛色が違うけど、これも同じような意味で怖い。

これは、日本の道路標識で、「その他の危険」を示すそうだ。

…一体なんの「危険」を示しているのよー怖いじゃないー危険ってだけ知らされてもー!!!

こんなの、真夜中の山道とかでいきなり出てきたら、絶対チビる!

 

◇◆◇

 

ルーン石碑にも、「ビョークトロップ・ルーンストーン」というスウェーデンにある石碑が「呪いの文字を書いている」。

6〜7世紀頃の石碑らしいけど、
「我はルーンの主、ここにルーンの力を封じる。この石碑壊す者は、絶え間ない苦痛の後、死は訪れるであろう」
なんて書いてあるらしい。実際石碑を動かした人は死んじゃったというから、確かにこれは呪いのルーン文字だ。

日本でいうなら、「将門の首塚」みたいなもんだろうか。

 

◇◆◇

 

人間の作ったものには人間の感情が入っていて、その感情は「言霊」となって霊力を内在する。

そして、その文字の内容は、知識がない限り読むことができない。

ルーン文字には、確かに「誰かに何かを伝えようする力」が込められていて、それが何だかわからないと、まあ怖いわよね…。

 

ちなみに、多くのルーン石碑は「この立派な建物は、○○の勇敢なる息子××が建てたものである」みたいな内容であることが多い。

つまりこれである。

字が綺麗なわけでもないのになぜか石碑に自書しちゃう知事。

「これ、自分の時の業績よ」と言わんばかりのアレ…。

(ちなみにこれ、↓この人の字だとか。知事がみんな達筆とは限らないけど、ならばなぜ知事が書く必要があるのか…)

…そんなわけで、ルーン文字もだいたいは怖いことは書かれていない。

上記の「これ壊したら呪うからね」も、「動かさないでね」くらいの意味なんだと思う。

 

◇◆◇

 

そんなわけで、このままだと投げっぱなしになっちゃうので、まとめをしておく。

「人間、知らないものは怖いのだ。だから、機会があれば知っておいたほうがいい」

ルーン占い、講座やるから、興味を持たれた方はぜひ今からでも「入りたい!」と言ってくださいな。

2019年7月12日から、毎月第2金曜日の午後に、東京・四ツ谷でやるよ〜。

 

* おしらせ *
○ルーン占い講座 7月から月1回で6回コースで始めます。
詳しくはこちら
 
○定期鑑定の日程が変更になりました。
毎週火曜日18:00〜20:00になります。
詳しくはこちら